被害と加害の対話 ~その課題と展望~

 被害と加害に関わる人が同じ場で対話をすることは、まずない。

さらに、支援者と言われる人もその双方にそれぞれに対応するため接点はほぼない。

同じ場に居て、それぞれの想いを語ることで、その「分断」は埋まっていくのか。

 

今回は、 リフレクティング・トーク という手法を用い、対話を試みる。

先行して 他市 で実施された本講座は、 被害 を 受 け た 人 、 加害 を し た人 、 支援 す る 人 が 、 それぞれ に 想いを語ることで 新たなる気づきが生まれ、

それぞれに次への前向きなステップを踏み始めているという。

 

私たち市民も、他人事として捉えがちなこの対話の場に同席することで、

今後の理解や支援に大きな役割 を果たす時間とな る ことだろう。

そし て、 分断でなく、人と人が繋がるためのたくさんの 気 づ き や ヒント をも らえ る だ ろう。 ぜ ひ 多 く の 方 と ご 一緒 し たい と 思 い ま す 。

 ★倉敷市人権啓発活動事業費補助対象事業★

 

日時:2019年12月15日(日)

   10~12時 講演会

「被害と加害の対話 ~その課題と展望~」

   講師:もふもふネット

      野坂祐子氏・安藤麻紀氏

      喜多 彩氏・坂東 泉氏

 

   13~16時30分 リフレクティングトーク

「被害と加害の対話 ~その実際~」

 

参加費無料・要申込み

定員:一日参加:50名・午前のみ40名

会場:倉敷市芸文館202

 

お申込みは、お名前・ご所属或いはご職業・当日の連絡先、参加の仕方(例:終日・午前のみ)をご記入の上、CAPおかやままでメールかFAXでお申込みください。

(申し訳ありませんが、午後のみのご参加はお受けしていません。)